i2i無料WEBパーツ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAStrutsの実装については、こちらのプレゼン資料が参考になりそうですね。

・StrutsからSAStrutsへ
http://event.seasarfoundation.org/sc2008spring/Session#s4

・SAStrutsの開発Tips
http://event.seasarfoundation.org/sc2008autumn/Session#a4

・ドライポッドワークスセミナー
http://www.slideshare.net/tripodworks/sastruts-seminar-in-tripodworks?src=embed
スポンサーサイト
SAStruts+S2JDBCを仕事で使いそうなので、メモ。
S2Struts+S2Daoは使ったことあるんだけどね。

SAStruts

S2JDBC

メモ 独自のAOPを追加

S2Daoに慣れているんで、まだS2JDBCのインターフェースにはまだ抵抗あるなぁ・・・。
SAStrust+S2Daoじゃなくて、SAStrust+S2JDBCって組合せが多そうなのは、既存のプロジェクトがStruts+JDBCの流れが多いからってことなのかなぇ・・・。

ぱっとみ、S2JDBCの下記ようなJavaの命令文見るよりは、S2Daoでメソッド名に対応した外部SQLを確認する方が個人的にはわかり易いかなぁ~なんて思っちゃってます。

List<Employee> results = jdbcManager.from(Employee.class).join("department")
.where("id in (? , ?)", 11, 22)
.orderBy("name desc")
.getResultList();

まあ、S2JDBCでも外部SQLが使えるけど、パスでファイル指定するからねぇ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。